全東北学生競技ダンス連盟規約

 

 

 

全東北学生競技ダンス連盟の方針

 

本連盟は競技ダンス精神に則り、学生競技ダンス界向上発展のために必要と認められる一切の活動を行い、連盟加盟校の相互の技術向上と親睦を図るとともに日本ダンス界の発展に寄付することを目的とする。

 

 

 

連盟の基本4原則

 

1                競技会は学校を背景とする団体競技を主体とすること。

 

2     リーダーも、パートナーもアマチュアであること。

 

3           学生の自主運営によること。

 

4        現役中心主義をとること。

 

 

 

 

 

第1章         総則

 

 

 

第1条           (名称) 本連盟は全東北学生競技ダンス連盟と称し、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島を構成地域とする。

 

第2条            1    (目的) 本連盟は競技ダンス精神に則り、学生競技ダンス界向上発展のために必要と認められる一切の活動を行い、連盟加盟校の相互の技術向上と親睦を図るとともに日本ダンス界の発展に寄付することを目的とする。

         2   (社会規範の尊守)  学連の構成員は、社会の常識やマナーを重んじ、社会規範を尊重し、各種の法令を尊守したクラブ活動を行い、競技にあってはフェアプレイに徹するものとする。

 

第3条            (活動) 本連盟は前条の目的を達成する為に次の活動を行う。

 

1  本連盟加盟団体の一切の学生競技ダンス大会を主催または後援する。

 

2  競技ダンスの研究、普及、広報活動を行う。

 

3  親睦会、その他の会合を行う。

 

4  機関紙、会報、会員名簿を作成する。

 

5  以上その他、本連盟の目的を達成するために必要と認められる活動を行う。

 

 

 

 

 

第2章         組織及び運営

 

 

 

〔第1節          組織〕

 

第4条           (機関) 本連盟の機関として連盟委員会、実行委員長、事務局、技術局、広報局、女子部長を設ける。

 

第5条           (役員) 本連盟は次の役員を置く。

 

1      連盟会長   1

 

2      連盟副会長  1

 

3      相談役    若干名

 

4      連盟委員長  1

 

5      連盟副委員長 1

 

6      事務局長   1

 

7 広報局長   1

 

 

 

 

 

〔第2節          連盟委員会〕

 

 

 

第6条           (構成) 本委員会は11節の規定により、連盟委員及び連盟委員長、連盟副委員長、事務局長、技術局長、広報局長、女子部長によって構成される。

 

第7条           (権限) 連盟委員会は、当学生競技ダンスの最高議決機関であり、次の諸事項は連盟委員会で決定される。

 

第8条           (開催) 本委員会は委員長の招集により、年4回以上開催される。但し、連盟委員の3分の1以上の要求があった場合は、委員長はこれを開催しなくてはならない。

 

第9条           (成立) 本委員会は連盟委員の3分の2以上が出席したときに成立する。

 

第10条       (議決)

 

1      本委員会において、本加盟校連盟委員は1個の議決権を有する。

 

2      議決は前項において規定された有権者の3分の2以上の出席をもって成立する。

 

3      重要問題に関する本委員会の決定は、出席かつ投票する有権者の3分の2以上の多数によって行われる。

 

4      重要問題の指定は、連盟委員会決議にする。

 

5      その他問題に関する決定は、重要問題の決定も含めて出席かつ投票する有権者の過半数によって行われる。但し、賛否同数の場合は再討議の上、再議決し、なおかつ賛否同数の場合は、議長がこれを決定する。

 

 

 

 

 

〔第3節          実行委員長〕

 

 

 

第11条       (構成) 実行委員長は連盟委員会によって指名されたもの及び加盟団体からなる。実行委員長は連盟委員会の承認による。但し、実行委員長は必要と認められたとき、副実行委員長を任命できる。

 

第12条       (任務) 実行委員会は本連盟の決定による本連盟の行う仕事の実行にあたり、その運営についての実行案が作成できる。但し、実行委員長の承認を必要とする。

 

第13条       (義務) 実行委員会は連盟委員会に対して一般報告及び会計報告を行う義務がある。

 

第14条       (統括) 実行委員長は実行委員会を統括する。副実行委員長は実行委員長を補佐し、実行委員長に事故があるときはその職務を代行しなければならない。

 

第15条       (開催) 実行委員会は実行委員長の招集により開催される。

 

第16条       (成立) 実行委員会はその過半数の出席をもって成立する。

 

第17条       (議決) 議決は出席者の過半数の賛成により成立し、賛否同数の場合は実行委員長がこれを決定する。

 

第18条       (代理) 実行委員長の代理は認めない。但し実行委員長は所定の手続きを経た場合は代理を認める。

 

第19条       (任期) 実行委員長の任期は連盟委員会による実行委員長の承認の時、併せて決定される。

 

第20条       (委任) 実行委員長及び実行委員の委任は認めない。

 

 

 

 

 

〔第4節          学生競技ダンス大会

 

 

 

第21条       (構成) 学生競技ダンス大会は本連盟委員会によって構成される。

 

第22条       (精神) 競技会は学生を背景とする団体競技を主体とする。

 

第23条       (開催) 学生競技ダンス大会は原則として春、夏、秋の3回開催される。

          なお、大会会長は、競技会の代表者であり、主管校の顧問がこれを務め、他の加        盟校の顧問は大会顧問を務める。

 

第24条       (審査員) 審査員は連盟委員会で承認されなければならない。

 

 

 

 

 

〔第5節          リーダーズ・キャンプ〕

 

 

 

第25条       (構成) リーダーズ・キャンプは原則として本連盟会員によって構成されている。

 

第26条       (趣旨) リーダーズ・キャンプは本連盟会員の親睦を深め、会員相互の幅広い意見交換の場とし、かつ技術向上を目指す。

 

第27条       (開催) リーダーズ・キャンプは原則として、春、夏の2回開催される。

 

 

 

 

 

〔第6節          事務局

 

 

 

第28条       (構成) 事務局は事務局長とその指名による事務局員によって構成される。

 

第29条       (活動) 事務局は、書記、財政、記録管理、その他の本連盟の事務を執行し必要な機関をおくことができる。また、財政の管理は事務局長が行う。

 

第30条       (設置場所) 本連盟の活動及び事務執行に適当と認められる場所に事務局が置かれ、連盟委員会がこれを決定する。

 

 

 

 

 

〔第7節          広報局

 

 

 

第31条       (構成) 広報局は広報局長とその指名による広報局員によって構成される。

 

第32条       (活動) 広報局は連盟機関紙『飛翔』の発行、その他の広報活動及び渉外を行い、必要な機関を置く事ができる。

 

 

 

 

 

〔第8節      連盟会長〕

 

 

 

第33条       (資格・選出) 連盟会長は原則として現役教授または助教授とし、学生ダンス界発展のため本活動に助言、指導、勧告を与えてくれるもので、連盟委員会の推挙を得た学生以外のものがこれにあたる。

 

第34条       (任期) 連盟会長の任期は1年とし、再任を妨げない。

 

 

 

 

 

〔第9節      連盟副会長〕

 

 

 

第35条       (資格・選出)  連盟副会長は学生ダンス界発展のため本活動に助言、指導、勧告を与えてくれるもので、連盟委員会の推挙を得た学生以外のものがこれにあたる。

 

第36条       (任期)  連盟会長の任期は1年とし、再任を妨げない。

 

 

 

 

 

〔第10節      相談役

 

 

 

第37条       (資格・選出) 顧問は本連盟の目的に賛同し、その活動を援助しうるもので、連盟委員会の推挙を受けた学生以外のものがこれにあたる。

 

 

 

 

 

〔第11節      連盟委員長・副委員長〕

 

 

 

第38条       (選出) 連盟委員長及び副委員長は連盟委員より推挙されたものがこれにあたる。

 

第39条       (任務) 連盟委員長は本連盟の活動を統括し、連盟を代表する。副委員長は委員長を補佐する。

 

第40条       (権限) 連盟委員長は次の権限を有する。

 

1      連盟委員会の開催及び議長。

 

2      連盟の活動状況の連盟委員会への報告。

 

3      運営案の指示。

 

4      連盟委員会の決定事項に関して1回差し戻し審議ができる。

 

5      議決権はない。

 

6      拡大顧問会議(連盟委員長、副会長、相談役及び各大学の顧問)の招集、その他の連盟の運営に重大な影響を及ぼす事項の処理。

 

第41条       (任期) 連盟委員長及び副委員長の任期は1(11日~1231)とする。

 

第42条       (リコール) 連盟委員長及び副委員長のリコールは、連盟加盟団体の要請により連盟委員の3分の2以上の賛成を以ってリコールされる。

 

 

 

 

 

〔第12節      事務局長〕

 

 

 

第43条       (選出) 事務局長は連盟委員長が指名する。

 

第44条       (任務) 事務局長は事務を統括し、事務局を代表する。又、連盟委員会に出席しなくてはならない。

 

第45条       (任期) 事務局長及び局員の任期は1(11日~1231)とする。

 

 

 

 

 

〔第13節      広報局長〕

 

 

 

第46条       (選出)  広報局長は連盟委員長が指名する。

 

第47条       (任務) 広報局長は広報局の活動を統括し、広報局を代表する。又、連盟委員会に出席しなくてはならない。

 

第48条       (任期) 広報局長及び局員の任期は1(11日~1231)とする

 

 

 

 

 

〔第14節      連盟委員〕

 

 

 

第49条       (選出) 連盟委員は次条の規定による団体より、原則として男女各名づつを派遣し、選出方法は各団体ごとに定める。

 

第50条       (派遣団体) 連盟委員を派遣する団体は次のとおりである。

 

1      加盟団体の競技ダンス部。

 

2      その他連盟委員会より認められた団体。

 

第51条       (目的) 連盟委員は加盟校の意思を委員会に積極的に反映させることを目的として義務を遂行する。

 

第52条       (権限) 連盟委員は加盟大学において幹部待遇とする。

 

第53条       (任務) 連盟委員は連盟委員会、実行委員会などにより決定された連盟活動一切を行わなければならない。

 

第54条       (代理) 連盟委員が本委員会に出席できない場合、代理人を派遣することができる。代理人の権限は頭角委員に限り、代理される連盟委員と同じである。

 

第55条       (任期) 連盟委員の任期は1(11日~1231)とし、再任を妨げない。但し、任期の途中での変更は、連盟委員会の承認を必要とし後任者の任期は前任者の残任期間とする。

 

 

 

 

 

第3章         会員

 

 

 

第56条       (会員) 

 

1      本連盟の会員たる資格は、入会の手続きで始まり、退会または除名を以って終わる。

 

2      男子の加盟員は現役大学生または大学院生でなければならない。現役の学生である限り、入部後4年間加盟員となることができる。大学院の学生についてはその者が同系列の大学から継続して登録する場合、続けて加盟登録を認める。

 

3      女子の加盟員は原則として男子と同じにする。但し、法的在学年限が4年に満たない短期大学、専門学校等の学生として加盟したものは、入学時より4年間加盟員となることができる。

 

第57条       (資格) 本連盟は学生競技ダンスに関心を持ち、本連盟の目的に賛同し、加盟団体に在籍する者にして、連盟委員会に於いて正規の手続きを経て登録した学生を以って会員とする。

 

第58条       (権利・義務) 本連盟の会員は次の権利、義務を有する。

 

1      本連盟の活動に参加すること。

 

2      本連盟の活動により生ずる利益を受けること。

 

3      本連盟の決定に従うこと。

 

4      連盟費を納入すること。但し、第4章で定める準加盟校、オブザーバー校に所属する会員については、納入の義務を持たない。

 

 

 

 

 

第4章         所属団体・加盟・脱退

 

 

 

第59条       (所属団体)

 

1      本連盟は学生競技ダンスに興味を持ち、本規約第2条に賛同し、所定の手続きを経た各大学の競技ダンス部の承認を以って所属団体とする。

 

2      競技ダンス部として公認されない団体については、これに該当するものがあれば前項に準ずる。

 

第60条       (資格・権利) 本連盟における所属団体には正加盟、準加盟、オブザーバーの資格を設け、各々の権利を次に定める。

 

1      オブザーバー校は6ヶ月以上の活動状況をもとに、連盟委員会がこれを推挙し、承認を以って準加盟校となりうる。

 

2      準加盟校の正加盟校への推挙も同様とする。

 

3      正加盟校、準加盟校はすべて本連盟活動に参加しなければならない。

 

4      準加盟校、オブザーバー校は、連盟委員会において、決議権を持たない。

 

5      オブザーバー校は、本連盟が主催する大会に参加できない。

 

第61条       (休会) 正加盟校は団体として活動が困難になったとき連盟委員会の承認を以って休会とすることができる。休会中の所属団体は連盟委員会の承認により、第58条の義務の一部を免除される。

 

第62条       (脱退) 本連盟からの脱退には、所定の手続きを経て、連盟委員会の承認を必要とする。

 

 

 

 

 

第5章         処罰

 

 

 

第63条       (処罰行為) 本連盟に於いて以下の行為がなされし時は、処罰規定を適用する。

 

1      本連盟の体面を汚す行為をせし時。

 

2      本連盟における義務を怠りし時。

 

3      アマチュア規定に違反せし時。

 

第64条       (処罰) 前条の適用においては、団体及び個人処罰を原則とし、連盟委員の議決により次の通り適用する。

 

1      警告

 

2      厳重注意

 

3      詫び状提出

 

4      出場停止

 

5      除名

 

 

 

 

 

第6章         アマチュア規定

 

 

 

第65条       (アマチュア) 本連盟におけるアマチュアとは、学生競技ダンスを愛好し、本連盟及び加盟各大学の会員であるものをいう。

 

第66条       (規定) 本連盟の会員は以下の行為をしてはならない。

 

1      本連盟が承認する以外の競技会に参加すること。

        なお、本連盟が主催、後援する競技会とアマチュア戦の日程が重なった

        場合はアマチュア戦に参加してはならない。

2      競技会で受けた賞品を金品などに換えること。

 

3      プロの免状を持つこと、又はプロ行為及びにプロ助手行為をなすこと。

 

 

 

 

 

第7章         学連とプロ組織

 

 

 

第67条       部歴2年次11日までは、プロからダンスの指導を受けることができない。但し部歴2年次に満たないものでも部歴2年以上の男子とカップルを形成する場合はこの限りではない。

 

第68条       (禁止行為) プロ組織主催の競技会あるいはダンス教習所主催のダンスパーティーの運営に携わる行為は、これを禁止する。但し、同一加盟団体に所属する加盟員が指導を受けているプロに対して、また、そのプロが所属する教習所に対するものである場合、例外を認める。

 

第69条       (出場資格) プロ組織主催の競技会に出場できる者は、部歴1年次ジュニア戦終了後とする。

 

第70条       (処罰) 第67条、第68条、第69条の規定に違反した者は本規約の処罰規定により罰せられる。

 

 

 

 

 

第8章         会計

 

 

 

第71条       (会計費) 本連盟の経費は、会員費、分担金、その他の収入よりなる。会員費、分担金は毎年度、連盟委員が決定する。

 

第72条       (決算) 

 

1      本連盟の会計年度は毎年11日から1231日までとする。

 

2      収支決算は事務局長が提出し、連盟委員会の承認を得なければならない。

 

3      会計帳簿は会員の要求があった場合は公開しなければならない。

 

4      連盟委員会のときに定例報告をする。

 

第73条       (監査) 

 

1      事務局長は収支決算を監査役に提出し、監査を受けなければならない。

 

2      監査役は、副委員長が兼任してこれにあたる。

 

 

 

 

 

第9章         附則

 

 

 

第74条       (改廃) 本規約の改廃は正加盟校連盟委員総数3分の2以上の賛成を必要とする。

 

 (改正)

 2008    連盟規約  第5条 (役員)  技術局長  廃止

 2008    連盟規約  第5条 (役員)  女子部長  廃止

 2015.3    連盟規約の一部改正